省エネ住宅

冬季に災害が発生するとライフラインの寸断、停電により暖房が使えなくなります。そんな状況下、暖房なしでも省エネ基準の家は室温低下が防げるのです。「省エネ」はエネルギーの節約にとどまらず、家の基礎体力を上げることで生活を支えることができます。 「省エネ」は石油・電力・ガスなどのエネルギーを効率的に使用し、その消費量を節約することです。同じ生活レベルをより少ないエネルギーで賄うため、高断熱・高気密化による建物の基本性能確保や設備機器の高効率化を目指します。 高度経済成長により生活水準が上がる一方で、電気代は低めで安定して推移したため、電気製品を主としたライフスタイルが浸透し、大量にエネルギーを使う生活が主流となりました。大震災を機に電気供給が低下し、使用エネルギーが制約されたことで、住宅の省エネルギー化がより必要になったのです。

再生可能エネルギーでゼロエネに!

個別暖房完結型、小さな燃費で我慢の生活のため家の中に温度差があり、結露とヒートショックを招く不安に支配されていました。不健康を打破するため、小さな熱で全空間暖房を求める、高品質な家づくりが推進されたのです。建物と住む人の健康を守るため、高断熱・高気密化が進められました。

富山県優良住宅協会 省エネ住宅 再生可能エネルギー

一般電気事業者の電気料金の推移

富山県優良住宅協会 一般電気事業者の電気料金の推移

富山県優良住宅協会 省エネ住宅 省コスト局所個別の完結型暖房を見直しませんか。エネルギーの恩恵(快適性)とコスト(光熱費)のバランスを厳しくチェックする「省コスト」こそCO2削減につながる大切な要素なのです。当たり前にできる自然なアプローチこそ今、求められているのです。富山県優良住宅協会は地域の工務店が連携することで、富山の住環境を悪化させることを防ごうとしています。

Top