住宅瑕疵担保責任保険

新築住宅建設を請け負う建設業者・宅地建物取引業者は、住宅品質確保法に基づく10年間の瑕疵保証の義務化に伴い保険の加入又は保証金の供託により補修費用の資力を確保することが必要です。
JBNの「認定品質住宅」仕様は耐久性に優れ、所属会員の地域工務店によって住宅供給体制を展開し、事務処理が整備されていることで各保険法人により特定団体として認定されています。
富山県優良住宅協会では住宅建築センターが取扱い窓口である住宅保証機構(株)をはじめ、(株)住宅保証検査機構-JIO・(株)住宅あんしん保証・ハウスプラス住宅保証(株)・(株)ハウスジーメンなど、各種保険法人引受の住宅瑕疵担保責任保険取扱いを行っています。

JBN認定品質住宅・団体検査員について

(一社)JBNの会員で、各保険法人の届け出事業者が良質な施工技術基準・品質管理・施工管理体制を有し、一定品質の住宅を供給することができる団体として認定された所属会員・構成員が当該基準に則り建設する戸建住宅を認定品質住宅とする。また、所定の検査員講習を受講し、JBNインスペクターとして登録したものを団体検査員として認定。建築士の有資格者が条件。※有効期間3年間
富山県優良住宅協会では(一社)JBNと連携のうえ自社で対応可能な現場検査員の講習会を、年1回程度実施しております。※富山エリア

  • 特定団体割引で保険料が割安となっています。
  • 1回目の現場検査(基礎配筋工事完了時)は自社の検査員が行ないます。
    これによって、着工から2回目の現場検査(屋根工事完了時)前までの日程を、全て自社内で調整することができるので、工程管理等がスムーズに行なえます。

富山県優良住宅協会 住宅瑕疵担保責任保険 仕組み

地盤調査紹介(地盤保証)

住宅の瑕疵の原因となる地盤調査の必要性が高まってきました。
(一社)JBNでは、地盤調査業者紹介事業を展開し、工務店のみなさまがより安心して住宅の設計・施工に取り組めるよう支援しています。
(「調査報告書に基づく「10年間の地盤保証」は、任意で契約できます。)
※地盤保証につきましては 地盤調査法人と住宅瑕疵担保責任保険法人の商品あり。

富山県優良住宅協会 地盤保証調査紹介 仕組み

Top